林業就業体験 in 中川町 参加者募集中!(申込は締切りました)

2021年 2月4日(木)〜5日(金)(締切1/28)

まちを知り、森の仕事を知る2日間

中川町について

最北の大河 天塩川

 中川町は上川エリア最北部に位置する、人口1500人程のまちです。南から北へ流れる最北の大河「天塩川」と豊かな森に囲まれ、まちの約85%は山地が占めています。林業や酪農、畑作がまちの発展を支えています。
 気候は春は雨が少なく、秋に多くなる日本海沿岸型の気候で、寒さが厳しく積雪が多いのが特徴です。一方で、山や川、森といった豊かな自然を求めて、リピーターが訪れるまちでもあります。白亜紀に海底だった地層からは貴重で良質な化石が出土することでも有名です。

実習先:遠藤工業有限会社

冬の森での仕事のようす

 遠藤工業は、上川管内一円を事業区域として、造林、育林、造材などを行っています。会社は山の中腹にあり、周辺には一年を通して野生動物が可愛らしい姿を見せます。 大阪や札幌、町外からの移住者も活躍しています。
 厳寒の2 月には、町内外から山男が集まる林業の祭典「きこり祭り」が町で開催され、遠藤工業でも準備から祭典参加にと、おおいに盛り上がります。

主なプログラム

1 日目:町内及び木材産業の見学、意見交換など

 13:00 中川町役場集合
 オリエンテーション
 中川町の林業や生活環境・移住施策の紹介
 中川のまち見学

2 日目:町有林(天然林)の調査体験、伐倒現場の体験など

 町有林(天然林)の調査、伐倒現場体験
 焚火昼食
 就業相談
 14:00 頃解散

申込方法

申込先メールアドレスに「氏名」「生年月日」「住所」「電話番号」「応募動機」をご記入のうえ申込ください。

【定員】

2〜3名程度
 ※応募動機を参考にして、ご参加について選考・決定します。

参加要件など、ご確認ください

・北海道で、林業の仕事に就きたいと考えている方を対象としたプログラムです。
・定員は2〜3名。応募動機を参考に選考いたします。
・応募状況により早期締切または延長する場合があります。
・1日目はサポートスタッフが同行し、滞在中は現地受入先が体験や移動をサポートします。
・現地までの交通費、期間中の宿泊費・食費をご負担ください。
・集合場所までの交通手段や現地の移動については、事務局にご相談ください。
・期間中に使う身の回りの物を持参ください。参加者には後日詳細をお伝えします。
持ち物の例:防寒着、汚れてもいい動きやすい服装、手袋、防寒長靴、タオル・手ぬぐい、着替え、洗面具、その他必要なもの。