第2回北の大地のジョブサロン【農業編】(11/21終了)

北海道で就農の夢を叶えた二人のゲストをお迎えして、その道のりや農業の仕事の魅力についてうかがうトークイベントを開催します。
支援制度についての情報提供やグループ相談タイムもありますので、農業に興味がある方や北海道への移住や就農をお考えの皆さんはぜひご参加ください!

本イベントは終了しました

【日時】
2020年11月21日(土)
14:00〜15:30
(参加費無料・定員30名)

【プログラム】
13:45〜 チェックイン・受付開始
14:00〜 開会 全体説明
14:10〜 ゲストトーク
15:00〜 グループ相談タイム
15:30  閉会

【お申込方法】
Peatix無料チケットから申し込みください
https://hokkaidojobsalon2.peatix.com/

または、下記の事項をご記入の上、Eメールで申し込みください。
①お名前 ②お住いの市区町村名 ③年齢 ④参加の動機 をEメールにてお送りください。
申込締切:2020年11月20日(金)17:00
Eメール:koza@community-design.jp
お申込みいただいた方にZoomのURLとご参加に関する案内事項をお送りします。

<問い合わせ先>
(株)石塚計画デザイン事務所 担当:後藤、蔵田
電話:011-251-7573(平日9:30〜18:00)

久宝 めぐみ さん (久宝農園/栗山町)&栗山町 農業振興公社
女性だって就農の夢を実現できる!

兵庫県出身。関西でシステムエンジニアとして働くが、リーマンショック後に退職。北海道鹿追町の農業研修、富良野の農業ヘルパーを経て栗山町で農業生産法人の研修生となる。地域の方々に支えられながら2年間の研修後、2014年春に就農条件の最小面積で独立就農をスタート。

木村 大作 さん (大作農園/壮瞥町) &壮瞥町役場 産業振興課
貯金ゼロから24歳で新規就農

洞爺湖町出身。大学卒業後、伊達市の農業法人で農業研修生として2年間働く。貯金が無い中で就農の道を探っていた頃に出身高校のある壮瞥町で就農者支援制度を知る。1年の町内研修を経て2009年にトマト農家として就農。土作りからこだわった多品種のミニトマトを栽培し「ミニトマト狩り」が人気に。