就業体験プログラム

北海道農業お試しツアー 2018

北海道での農業に興味がある方を対象に、移住を見据えた北海道の農業体験をしていただく「北海道農業お試しツアー」。
2017年度に開催し大変好評をいただいた「北海道農業お試しツアー」、今年もさらにパワーアップして開催いたします!

北海道での暮らしや仕事の「ホント」を、見て体験して感じる絶好のチャンスです!

北海道農業お試しツアーの特徴

北海道農業の「リアル」を肌で体験していただけます。

このツアーではただの農業体験ではなく、仕事としての農作業・選果・加工などの作業などをできるだけ実際に近い形で体験していただくことを目的としています。

もちろん作業は地元の農家さんの指導付き。あなたが農業を経験したことがなくても、「農業ってこんな仕事なんだ」とリアルに感じていただくことができ、就農へのイメージをつかんでいただけます。

「移住」の夢を、町ぐるみでバックアップします。

このツアーは「北海道に移住して、農業をしながら暮らす」というあなたの夢を、町ぐるみでしっかりバックアップします。

そこで、このツアーでは農業の体験だけではなく、町内見学、先輩農家さんとの意見交換、生活相談などを実施しています。ぜひ、移住・就農に関する質問や疑問を遠慮なくぶつけて、あなたの夢を現実に近づけてください。

昨年度(2017年)に開催された「農業お試しツアー」のツアーレポートはこちらからお読みいただけます。

2018年の北海道農業お試しツアーは全4箇所での開催です。開催地とツアーの内容をご紹介します。



農業 Vol.1秩父別(ちっぷべつ)町 
『農作業体験・トマトジュース加工作業体験』

ツアー開催日
 2018年 8月23日(木)〜8月25日(土)
申込締め切り
 2018年 8月2日(木)

秩父別町は北海道の石狩平野北部に位置し、肥沃な大地と恵まれた気象条件を活かした広大な水田地帯で、北海道「米のガイドラインの考え方」では、最高位の5ランクに位置付けられたこともある、道内屈指の優良米産地です。
また、近年ではブロッコリーを中心とする野菜、花など様々な作物も栽培し、全国的な評価も高まっています。



ツアーパンフレットをダウンロードする(PDF)



農業 Vol.2 遠軽(えんがる)
『酪農作業体験・畑作(じゃがいも、シソ収穫等)体験』

ツアー開催日
 2018年 9月3日(月)〜9月7日(金)
申込締め切り
 2018年 7月30日(月)

酪農と畑作が盛んな遠軽町はオホーツク地域中部の内陸部に位置し、旧4町村の遠軽、生田原、丸瀬布、白滝の4地域に分かれます。
夏は晴天の日が多く、内陸部のため最高気温が30℃を超えることもあるものの、日平均気温と湿度は共に低くなっています。 冬は最低気温が-20℃を下回ることが多いものの降雪量は比較的少なく、雪質は軽いのが特徴です。



ツアーパンフレットをダウンロードする(PDF)



農業 Vol.3 鷹栖(たかす)
『水稲収穫体験・トマト等収穫体験・野菜加工施設見学』

ツアー開催日
 2018年 9月10日(月)〜9月12日(水)
申込締め切り
 2018年 8月6日(月)

北海道のほぼ中央に位置する鷹栖町は北海道有数の米どころ。9月中下旬にコメなどの収穫が最盛期となります。
基幹産業である農業を中心に発展し、良質なお米をはじめ、豊富な農産物に恵まれています。北海道第二の都市・旭川市に隣接し、 都市機能を利用できる利便性と、豊かな自然環境の適度なバランスがあります。



ツアーパンフレットをダウンロードする(PDF)



農業 Vol.4 厚沢部(あっさぶ)
『ジャガイモ収穫体験・アスパラ等管理体験』

ツアー開催日
 2018年 9月23日(日・祝)〜9月25日(火)
申込締め切り
 2018年 8月20日(月)

北海道の南西部にある厚沢部町は、函館市から西に約60kmの位置にあり、幕末の旧跡がある一方、森と清流に恵まれた町です。
現在はジャガイモの一品種「メークイン」日本発祥の地として知られ、ゴボウやアスパラなどの農業が盛んな町でもあります。 厚沢部町産のメークインなどや道南地域の温暖な気候を活かして栽培されるサツマイモを使用した焼酎生産も行われています。



ツアーパンフレットをダウンロードする(PDF)



ご参加の条件

※なお、年齢条件が追加されているツアーもあります。詳しくは各ツアーのパンフレットをご確認ください。
※国や市町村の就農支援制度などのご利用には45歳未満といった年齢制限などがございますので、ご参加申し込みの際にお問合わせください。

応募方法と参加者決定

(1) このホームページ内の申込フォームに必要事項をご記入の上、ご応募ください。
(ページ下部に記載のFAX、またはEメールでも応募が可能です。)

※こちらのページからお申込の際、複数のツアーを同時に申込いただくこと(併願)も可能です。
 その場合は選考時にツアーごとの応募者数などを考慮の上、実際にご参加いただけるのはいずれか1箇所のツアーのみとなります。

(2) ご応募いただいた方皆様に事務局からご連絡を差し上げますので、その際応募動機など簡単な質問にお答えください。
(Eメール、もしくは電話・FAXにてご連絡いたします。)

(3) 質問にお答えいたただいたのち、ツアー開始1か月前を目途に参加の可否をお知らせします。
※応募者多数の場合は、ご参加いただけないこともあります。

ご負担いただく費用

ツアーのご参加や農業体験などに参加費は一切かかりません。以下の費用を実費にてご負担ください。

交通費

自宅から北海道1次交通拠点までの交通費は、参加者様にてご負担ください。
1次交通拠点からツアー中のプログラムは専用車にて移動します。ツアー中の交通費の負担はありません。

※他の交通拠点における送迎をご希望の際は、ご相談ください。

食 費

プログラム中の食事や地元との交流にかかる費用はご負担ください。

宿泊費

宿泊施設をご案内しますので、こちらの宿泊費はご負担下さい。
(ツアー先により宿泊費用は異なります。詳しくは各ツアーのパンフレットをご確認ください)

※その他、ツアー中の身の回りの物などのご持参・負担をお願いいたします。

ツアーの参加をご希望される方は、以下のお申し込みフォームに必要事項をご記入の上、送信ボタンを押してください。
折り返し、事務局よりご連絡を差し上げます。

お申込みフォーム

メールアドレスご入力時のご注意

携帯電話のメールアドレスから申込を行い、返信メールが届かない…というお問い合わせが増えております。ご応募はできるだけパソコン用のメールアドレスや、Gmail、iCloud、Yahooなどのアドレスからご応募いただくことをお勧めしております。

もし「docomo.ne.jp」「ezweb.ne.jp」「softbank.ne.jp」などの携帯メールにて申込の場合は、「sankyou-s.co.jp」からのメールを受信できるように、受信設定の変更をお願いいたします。

Vol.1 秩父別町  Vol.2 遠軽町 
Vol.3 鷹栖町  Vol.4 厚沢部町 

(ボタンを押すと申込確認画面に移動します)


ご質問・お問い合わせは…

この農業お試しツアーについてご不明な点やお問い合わせ等ありましたら、お気軽に以下の連絡先までご連絡ください。

株式会社 三共コンサルタント
TEL 011-757-1220 担当:眞清田( ました)・酒井・山口
E-Mail sapporo@sankyou-s.co.jp