林業お試しツアー2018 釧路エリア実施レポート

【10月29日(月:1日目)】

本日から、釧路市や標茶町などの釧路エリアで実施される林業お試しツアーには、札幌市在住と江別市在住の20代女子学生2名が参加しました。
プログラムの最初は、釧路市内の釧路総合振興局内において、林務課主任の前畑さんから北海道及び釧路地方の林業の特徴の他、林業に関する最近の話題について説明がありました。特に葉から抽出した成分が原料の芳香剤や、樹種による木製品の違いなどに興味があるようでした。また、加藤普及課長から「森林室」はどういう仕事をしているところかの説明もありました。

スライドだけでなく、パンフレットや芳香剤の実物を使っての説明

行政組織については、中々知られていませんが、分かりやすいような説明がされました

その後、林業労働安全講習を安全衛生指導員の市村さんから講義して頂きました。特に、体験で使用予定の刈払機とチェーンソーの基本的な取扱いの説明の他、現場作業で必ず必要になる「目立て」について、実際に体験してもらいました。
市村さん、十勝方面から100km以上の道のりを講義のために来て頂き、どうも有難うございました。

基本的な内容については、スライドを使って説明して頂きました

参加者は防具をフル装備した上で、作業上の要領や注意点に関する指導がありました

刈払機の刈刃の一種“鋸刃”は、目立てをすることで切れ味を保つことができます

チェーンソーでの伐倒方法について、模擬的に教わりました

明日から本格的に釧路エリアの林業に関する体験・見学がスタートします。

【10月30日(火:2日目)】

今日から作業体験や工場見学等の本格的なツアーのスタートです。
まずは、本ツアーの中心地となる標茶町に移動しますが、参加者は2人とも道東が初めてとの事で、途中の釧路湿原に寄りました。それから、林業のスタートとなる苗木を生産している箇所へ行きます。受入れは有限会社谷口種苗農園さんで、中川さんが応対してくれました。参加者も2人とも女性ということで、ざっくばらんな会話ができました。中川さん、お忙しいところ、有難うございました。

途中のサルボ展望台から塘路湖を背景にパチリ。天気はイマイチですが初の湿原に感動

(有)谷口種苗農園の中川さんの説明。種苗業を女性の語り口で説明して下さいました

グイマツ雑種F1のコンテナ苗。グイマツとカラマツの良い特徴を引き継いでいます

アカエゾマツの苗木には、寒風害対策でシートを掛けるのが、積雪の少ない道東流

広葉樹生産をしており、シカ食害対策のための電気牧柵は必要不可欠

クリーンラーチは、炭素固定能力が高いグイマツ雑種です

選苗の体験です。ノギスとものさしを使い、クリーンラーチを規格の大きさ毎に分けます

「測らなくても大体分かるようになってきたね」

午後の最初は、標茶町有林内で植付け体験でした。標茶町森林組合の平川参事らの指導の下、(有)谷口種苗農園さんで生産したアカエゾマツを植えてみます。完全に掘り起こすのではなく、鍬を入れた隙間から苗木を植え付けるのが難しいところでした。
引き続き、隣接のカラマツの町有林で森林調査体験を行いました。調査区を設定した後、毎木調査の一環として胸高直径を輪尺で、樹高を測幹ポールでそれぞれ計測しました。計測結果を基に、後日ヘクタール当たりの蓄積を算出し、間伐による収入などのシミュレーションをしました。標茶町森林組合の皆さん、大変有難うございました。
体験後、釧路湿原に沈む夕日を見ることができました!

平川参事から、植付け作業の流れについて説明をして頂きました

鍬を土中に入れた横から苗木を植え付けます

植えた苗の周りの土を踏み固め、苗が簡単に抜けなければOK

標茶町森林組合の職員がマンツーマン指導!「600本/人日やって欲しい」に唖然

森林調査体験。輪尺でカラマツの太さを計測します

計測した数値は、大きな声で記録係の人に伝えます

カラマツがネズミ被害を受けた跡を確認。「こうやって根元が食べられるのですね」

湿原で見る日没。広大な湿原が一気に陰ります。この後、オジロワシも見れました!

【10月31日(水:3日目)】

本日も標茶町内で、各種体験・見学を行います。
午前中は、町内の7年生のカラマツ林において、標茶町森林組合の野呂組合長らの指導の下、下刈り体験をしました。刈払機の日頃のメンテナンスの重要性が分かりました。引き続き、23年生のカラマツ林に移動し、枝打ち作業体験を行いました。良材を生産するために必要な作業ですが、高所用鋸を使っての作業は中々大変です。
標茶町森林組合の皆さん、連日でのご指導、有難うございました。

野呂組合長から、刈払機の操作前の指導を頂きました

いざ、実践!林業安全講習の知識も思い出しながらやりました

徐々に上手にできるようになってきました

最後に、平川参事から講評です。「0.5ha/人日くらいやってもらいたい」現実は厳しい

続いてはカラマツの枝打ち体験です。まず平川参事から方法の説明を受けます

早速やってみました。1本の枝打ちするのに、周囲を回らなくてはなりません

そして上を見続けるため、首や手が辛くなります。大変な作業です

最後に、組合長からの講評を頂きました。刃を上手に使えるかがポイント

午後は、標茶町役場の久保田さんから、標茶町の特徴や移住施策などについて説明をして頂きました。説明後は、実際に町内の各施設を訪ねてみました。町役場に戻ってきてからは、地域の林業事業体の働き方の一例として、標茶町森林組合の就業状況について、平川参事から説明をして頂きました。

標茶町地域振興係の久保田さん(左2人目)から、標茶町の特徴を聞きます。釧路湿原だけではありません

市街地が見下ろせる場所で町の説明。町営墓地からであることは、、、気にしません

多和平からの風景を見る参加者。曇天で寒いですが、広がりはよく分かりました

平川参事から標茶町森林組合の働き方や就業環境についての説明

作業の終了後には、関係者で懇親会を行いました。説明や指導をして頂いた皆様、大変お疲れ様でした。

野呂組合長から乾杯の挨拶

最後に、皆さんで記念撮影。本当に色々とお世話になり、有難うございました!

【11月1日(木:4日目)】

本日から11月となり、最低気温がマイナスとなりましたが、降雪は道東では遅いです。
午前中は、弟子屈町に社屋のある今井林業株式会社さんにお邪魔し、素材生産現場の見学とチェーンソーの作業体験をさせて頂きます。西村社長に先導して頂き、着いたのは国後島が望める標津町の国有林で、列状間伐の作業現場でした。約70kmの道のりを、弟子屈町から毎日通っている事に、まず驚きました。最初は、チェーンソーの操作体験です。現場代理人の須藤さんと松岡さんの指導後に、参加者がそれぞれ体験しました。そして、高性能林業機械が稼働する伐倒現場の見学と、簡単な操作を体験させて頂きました。
西村社長をはじめ、今井林業の皆さん、ツアーの受入れをして頂き、有難うございました。

現場ではまず、西村社長から現地の概要説明をして頂きました

早速、チェーンソーを使っての輪切りです。最初に松岡さんの模範作業を見学です

ポイントを解説して頂きながら、実際にやってみました

2人とも、チェーンソーの扱いには、お褒めの言葉を頂きました!

次に伐倒現場の見学です。西村社長からハーベスタの仕組みの説明をして頂きました

ハーベスタの操作体験は、材を掴まずに“エアー”でやってみました

フェラーバンチャの稼働状況も見学しました。驚くほど速く伐倒してしまいます

フェラーバンチャも操作させて頂きました!

「林業機械をフル活用することで、効率化を進めています」と西村社長

国後島を望む公園で昼食です。初の道東で根室海峡まで来てしまいました

昼食後は、約75km離れた浜中町の厚浜木材加工協同組合さんにお邪魔しました。丸善木材株式会社の石川部長から、協同組合の形態や事業内容の説明を受けた後、敷地内の工場群や集成材の施工現場などの見学をさせて頂きました。
石川部長、ご多用のところ、有難うございました。

石川部長(右)から、現天皇も視察時に寄ったログハウス内において、組合全体の説明

積まれたカラマツ。特注材以外はほぼ道産材です

パルプ用の原木を中心に、材が足りなくなってきているとの事

製材だけではなく、木製品も作るようになり、魚箱も作っています。港町ならではです

目立て専用の作業場。専門スタッフの他、自動の機械もあります

墨付けの作業場。集成材の微妙な加工を職人さんが手作業で行っています

集成材を使う保育園の施工現場を見学。「集成材は強度があり、一定となる特徴があります」

組合内の「もりの学舎」。地場産木材を使って、多様な木構造や木の仕上げがありました

見学後、釧路市内まで約70kmの移動をしました。本日は、移動距離がかなりありましたが、道東での移動する際の距離感覚が分かってもらえたと思います。

【11月2日(金:5日目)】

道東は、秋晴れが続いていますが、最終日の今日は快晴です。
午前中は株式会社北都さんで、森林資源の新たな有効利用として注目されている、トドマツ葉の精油工場の見学です。山﨑社長から概要説明をして頂いた後、工場内を見学しました。参加者の一人は森林の健康増進機能に興味があり、積極的に質問をしていました。
山﨑社長をはじめ、(株)北都の皆さん、どうも有難うございました。

実際の商品を目の前に、山﨑社長から製品化の流れや工場の説明をして頂きました

トドマツ葉の保管場。トドマツの葉の匂いを嗅いでみます

トドマツ葉の粉砕工程。葉だけでなく、茎も一緒に粉砕します

マイクロ波を使って、トドマツ葉から油成分を分離・抽出します

続いて、昨日お邪魔した厚浜木材加工協同組合で作られた集成材が実際に使われている温根内ビジターセンター(VC)にお邪魔しました。

まずはVCの看板でパチリ

VCの天井部分には集成材が使われています。鋼材で補強もしてます

以上で、釧路エリア林業お試しツアーは終了です。
昼食後は、道庁林業木材課の森久保主査と釧路総合振興局林務課の前畑主任と共に、振興局内の会議室で、就業・移住相談会です。体験・見学内容をふりかえった後、林業への就業などについて意見交換をしました。「林業は就職先の選択肢の一つで、あとは覚悟の問題」など前向きなコメントもあり、今回のツアーで林業の様々な面を見学・体験したのが良かったようです。
4泊5日のツアーは、これで全て終了しました。帰りには、釧路港の夕焼けも見られました。ツアーに関係した皆様、大変お疲れ様でした!

今回のツアーで自身の進路に様々な思いがめぐった様子。納得できる進路に進む事を祈念します

日没直後の釧路港の様子です。空の色とシルエットがとても綺麗でした

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

PAGE TOP