農業お試しツアー2018 秩父別町ツアー実施レポート

【8月23日(木:1日目)】

今日から、秩父別町内における農業お試しツアーが開催されます。参加するのは、旭川市出身と福岡県福岡市出身の20代男子大学生2名です。まずは髙鶴副町長に挨拶をしてから、ツアーが始まりました。
副町長への表敬挨拶の後、本格的なツアーの始まりです。まずは、秩父別町の特徴について、町役場産業課の竹内課長から説明をして頂きました。
続いて、産業課の伊賀参事からは、農家数は減っているが、1戸当たりの所有面積は増加傾向にあったり、北海道平均の転作率が50%程なのに対し、米どころ秩父別町は20~25%と半分以下の特徴がある点など、秩父別町の農業の特徴を説明して頂きました。参加者からは、「離農跡地の有効利用は?」などの質問があり、早くも農業ツアーらしい質疑応答で、回答する側も嬉しそうでした。一通りの説明の後、町内の施設見学に出かけました。町が進める移住者対策に関連した施設や、コメの乾燥施設などを見学しました。

「副町長に挨拶」と言われても、緊張気味の参加者。快活な副町長の激励で、緊張も解れた?

町の産業課竹内課長からは、秩父別町の概要を説明して頂きました。

産業課の伊賀参事からは、農業の詳細説明。説明する側もされる側も、真剣に秩父別町の特徴を考えていました。

コメの乾燥施設では、JAきたいぶきの岡部課長(右から2人目)が説明。稲刈り前のため、施設全体を見学させて頂きました。

宿泊は、町が移住体験者用に準備した住宅。明日から本格的な秩父別ツアーが始まります。

リフォームされた室内は清潔で、生活に必要な物は、ほとんどありました。

若い2人は、地元スーパーで購入したジンギスカンをお腹いっぱいに食べました!

【8月24日(金:2日目)】

本日のスタートは、秩父別町などで収穫された農作物が、どのように利用されていくのかを知る一端として、トマト加工の現場、株式会社秩父別振興公社を訪れ、トマトジュース製造過程を見学・体験しました。まずは大橋係長から大まかなトマトジュースの製造工程を説明頂き、早速、従業員のお母さん達に混ざって、トマトの“へた”を取る作業を行いました。最初は、要領が悪く、指導するお母さん達も不安顔で見ていましたが、参加者は徐々に要領を得て手際が良くなってきました。そうすると、余裕が出てきたのか、お母さん達と会話もできるようになってきました。加工体験の後は、トマトジュースの流通の話を聞き、最後に、トマトジュースの試飲をして、加工体験は終了しました。受入れと指導をして頂いた皆様、有難うございました。

食品を扱うため、衛生管理は重要。完全防備をしてからスタート。

大橋係長から、加工場内のトマトジュース製造工程の説明を受けました。

道具を渡され「さ、やろう!」と言われても、すぐには出来ません。ベテランのお母さん達に教わりながら、トマトのへたを取ります。

慣れてくると、指導役のお母さん達との会話もできるようになってきました!

へた取りは、妹背牛町の名人の手作り。市販品(左)ではダメだとか。

トマトジュースの試飲。こだわりの知床の塩以外、一切の添加なしの濃厚な味です。

トマトジュース製造体験の直後、「ソバの収穫が始まった!」との事で、収穫をしているソバ畑へ急行しました。畑は14haの広さがあり、コンバインを持つ農家さんが協力して、収穫が行われていました。早速、1名ずつがコンバインに乗車し、マンツーマン指導の下、ソバの収穫体験を行いました。
午後からは、(株)SEEDの畑田社長から、ソバの乾燥施設や農家の経営方針などを解説して頂きました。参加者はソバの実の選別作業などの体験を行いました。

参加者に概略を説明してくれる(株)SEEDの畑田さん(左)。社長の弟さんです。

早速コンバインに乗車し、操作方法の簡単なレクチャーの後、いざ刈り取り!

台風の接近で、ソバを急遽収穫する事に。6台のコンバインが一斉に動く様は壮観!

少ない指導時間で、コンバインの操作には慣れてきた様子。

収穫したソバを専用のカゴに移し替えて一段落。コンバインは次の収穫へ。

コンバインの脱穀構造はメーカーにより違います。畑田さんから説明を受け納得。

皆がコンバインから降りて、一斉にお昼ご飯。コメはもちろん秩父別町産!

午後は、畑田社長から(株)SEEDの施設や経営などについて説明を受けました。

最初の説明は、乾燥施設についてです。

「ソバの含水率は14~16.5%にしなければならず、穀物の中で最も乾燥が難しいです」

「農家は農業、機械、経営、建物など様々な知識が必要です」

従業員の冬期の仕事確保のため、除雪用のショベルカーもあります。

いよいよソバ乾燥前の作業体験です。収穫したソバと茎などの不純物を仕分けます。

こちらは、ベルトコンベアから落ちた収穫物を拾う作業です。

今日の夜は、秩父別町ふれあいプラザの中で懇親会が開かれました。今回の農業ツアーの関係者を含めて、総勢12名で賑やかに行われました。会の中では、秩父別町の魅力や農業のやりがいなどの話をさらに聞けました。日中も農家の皆さんは明るく元気でしたが、農業の魅力を語る皆さんの目は生き生きとしていました。

真島代表の挨拶で乾杯。焼き肉の他、地元米のおむすびなども登場しました。

関係者一同での記念撮影。会を企画・準備して頂いた皆様、有難うございました!

【8月25日(土:3日目)】

本日は、農作物の収穫体験と選果体験がそれぞれあります。
早朝6時にお邪魔したのが、ブロッコリーを栽培している安藤農場です。安藤ご夫妻から、収穫可能なブロッコリーのサイズや、収穫方法などを教わりながら収穫体験を行いました。

安藤ご夫妻がマンツーマン指導。収穫は鋭いナイフを使うので要注意でした。

ナイフの柄に付けた円形の針金で、収穫サイズか否かを判断。

朝採りは実が引き締まって良いそうです。日中は気温が上がり、実が柔らかくなります。

強風で茎が横向きに伸びてしまってます。収穫までの管理は大変。

次にお邪魔したのが、JA北いぶきのブロッコリーの選果場。ここでは、朝に収穫したブロッコリーが集められ、出荷用に茎を落としたり、品質別に箱詰めしたりする作業が行われます。まずは河嶋係長から施設の説明を受けました。その後は、出荷するため、虫を落とし、箱詰めするのにちょうど良い形にナイフで茎を落とすなどの作業体験をしました。

河嶋係長からの説明。「JA北いぶきでは、氷を入れず低温流通での出荷が特徴です」

早速、体験。ベテランのお母さんは、鋭いナイフで次から次へと茎を落とします!

途中の休憩の様子です。「作業は楽しい?」「没頭できるので自分に合ってます!」

規格別に綺麗に箱詰めされ、主に道外へ出荷される秩父別産のブロッコリー。

昼食後にお邪魔したのが、JA北いぶきのミニトマト部会長をやっている真島農園です。ミニトマトの育成は、「上に育てず横に育てる」が重要で、上に茎を伸ばすと高温で枯れるそうです。最初は、ミニトマトの実に十分な栄養が行き渡るように、余分な葉を落とす作業の体験をしました。その後は、真島農園さんのご厚意で、実家への贈答用と持ち帰り用のミニトマトを収穫させて頂きました!

真島部会長(右)から、ミニトマトの育て方の“極意”を説明して頂きました。

息子の祐輔さん(右)からも、切除すべき茎の見分け方の指導を受けました。

それぞれの実家に送るミニトマトは、綺麗にパック詰め。

持ち帰り用のミニトマトもしっかりGet!真島さん、有難うございます!

以上で、秩父別町農業体験ツアーの体験・見学は終了です。この後、町役場会議室で就業・移住相談会です。体験・見学内容をふりかえった後、参加者からの質疑応答を行いました。
参加者の学生から「今回の作業は自分に合っていて続けられそうなので、アルバイトをすることはできるのか」との質問に対し、町役場からは、直接JAにお願いすればできると思う、といったアドバイスがありました。また、農家が直面する問題にも触れたため、「高齢化で農家数が減少したらどうするのか」との質問に対しては、(株)SEEDのように法人化するなどの対策が必要、とのコメントが町役場からありました。
2泊3日のツアーは、あっという間に終了しました。参加者からは、「小さな町だからこそ皆が仲良くやっている姿が印象的だった」とのコメントがありました。
ツアーに関係した皆様、大変お疲れ様でした!

就業・移住相談会では、農業の可能性などについて意見交換がされました。

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

PAGE TOP