一次産業インタビュー:株式会社ムラカミ緑化(北海道上川郡新得町)その1

北海道上川郡新得町にある「株式会社ムラカミ緑化」では、道外からの移住者を積極的に受け入れています。常務のハガネ ヒデアキさんと、ウツミ ヤスヒロさんはお二人とも道外からの移住者です。お二人に、北海道で林業に就こうと思ったきっかけや実際に住んでみてどうか、また会社のことについて伺いました。

(記事内の情報はすべて取材当時のものです。)

【北海道で林業の仕事に就こうと思ったきっかけについて教えてください。】

ハガネさん

私自身が東京で仕事をしていたのですが、子供が出来たっていうのがキッカケで、都会よりも田舎で子供を育てたいと思い、第一次産業を目指して田舎暮らしを始めたんですね。長野、岩手、秋田と回って北海道に来ました。林業にしたのは、子育てに参加したかったので、時間的に余裕のある仕事をしようということがあります。

僕は釣りが趣味ななんで、北海道にはまだ移住する前から、年間2回から3回は釣りに来ていました。その辺では北海道はとても良いところだと思います。今まで巡った地の中で、一番いいと思います。
またこの土地柄(新得町)が、北海道の中心の位置にあるので北海道内のどこにでも行きやすいということもあります。

ウツミさん

私の場合は、北海道という土地よりもまず、「林業をやりたいな」が先だったんですよ。

それで、これは自分のイメージなんですが、林業の盛んな北海道にいきたいと。そこから北海道の林業の研修を受けて、それで就職先を探したという形です。あと、私はスギ花粉持ちなので、そこから逃げたかったというのもあります(笑)。スギはちょっと苦手ですね。松はなんてことないんですけどね。


(左・ハガネさん 右・ウツミさん)

実際に移住してみて、いかがですか?

ハガネさん

どこから移住してくるかで印象は変わると思うんですよね。
私のように都会から来るのと地方都市からくるのとでは全然違うと思いますね。都会では当たり前だと思ってたことがちょっとルールが違っていたという節はやっぱりどうしてもあります。ただ主張するよりも慣れるほうが一番手っ取り早い。

それは林業に限らず、田舎暮らしとか移住するにあたっては受け入れるってことが一番大事な要素なんじゃないかなと。ただ今うちの会社も移住者の方が多いので、そういうストレスがないように、いつも明るく。しんどい仕事なので、終わった後は笑えるような環境は気を付けて作るようにはしています。

ウツミさん

正直に収入面のことをお話しすると、田舎への移住について色々情報を調べていたときに収入面で本当に生活がやっていけるかだとか、さまざまな情報が出てきていました。でも、実際住んでみると意外に問題なく生活が成り立っています。生活面に関しては自分も元々田舎町出身なので、あまり都会とのギャップだとかそういう所は、今のところ受けてはいません。

会社での、担い手採用についてのお考えを教えてください。

ハガネさん

当社では別に採用人数の上限は設けていなくて、どんどん担い手の人は増やそうとは思っています。

林業は担い手不足と言われてるんですけど、私どもの会社では順調に入社していただいています。あと5年先、10年先を見るともっともっと増やしていかないかと考えています。この業界は高齢化も問題になっているので、どんどん若い世代を増やしていくつもりです。あと林業に対してのイメージがもっと良くなるように努力していきたいと思っています。

ただ働くところが決まっても、住むとこが決まらないと踏ん切りがつかない人が多いので、その辺は、こちらに来る前に手伝えることは手伝ってあげる。そうしたサポートはやっていますね。

結構あまり難しく考えずにまず、入ってみるのが一番の近道だと思うんですよね。頭でっかちになるよりは。そんなに難しい仕事ではないし、世間一般にはちょっと難しそうなイメージがあるみたいですけど、全然そんなことありませんよ(笑)。

取材協力:株式会社ムラカミ緑化

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Facebookページ

PAGE TOP